TOP > 引き出物 > 引き出物宅配 > 人気の引き出物 縁起物の引き出物

目次

引き出物

縁起がいい結婚式では縁起物の引き出物

縁起がいい結婚式では、縁起の良くない引き出物や習慣は結婚式においてタブーとされていた様です。たとえば、結婚式では、割れ物を引き出物にするのは縁起が良くないとされていた様です。

しかし、近年においては結婚式において割れ物を引き出物として贈られる事もあります。ここ数年では、昔からの伝統を重視するだけではなく、生活の利便性などを考えて、結婚式が行われたり、引き出物が贈られたりする事もあるみたいです。

若い人の場合には、特に伝統などにこだわらない傾向がある様ですので、引き出物を贈る人の年齢を考慮するのもいいでしょう。

ネットショップで購入できる引き出物についての関連記事

木箱入りの引き出物と結婚式場の選び方

木箱入の引き出物のメリットについて興味を示す人は、決して少なくないといわれており、定期的に京都の結婚式場のおすすめのアイテムの特徴をしっかりと理解することが大事です。

また、ニーズの高い引き出物の種類の選び方について知りたいことがある場合には、熟練のウェディングプランナーが揃っている結婚式場を見つけることが欠かせないテーマとして挙げられます。

近頃は、京都の結婚式場の対応の良しあしにこだわりのある人が増えてきており、まずはいろいろな立場の経験者のレビューに目を向けることで、いつでも必要な知識を身に着けることができます。

夏に贈る引き出物

夏の暑い季節に引き出物を贈る事もありますが、その際に食べ物を引き出物として贈る際には、溶けてしまったり、暑い所に保管していると劣化して食べる事ができなくなってしまう物も中にはありますので、扱いに注意が必要な物は引き出物として避けた方がいい場合もあるでしょう。

宅配サービスであれば、冷蔵したまま届ける事ができますので、引き出物に食品を贈る場合には、食品が中心のカタログギフトを選ぶというのも一つの方法だと言えるでしょう。

食品ではない日用品などを引き出物として贈る場合には、普通に取り扱っても問題ない事もあるでしょう。時期によっては、少し考慮しないといけない物もあります。

引き出物の熨斗には旧姓を書いても良いのか?

結婚式で重要になってくるのが引き出物だと思います。結婚式が終わった後に開けるのを楽しみにしている方も多く、良い気持ちで終わらせるためにも引き出物が持つ意味は重要性があります。

この引き出物ですが基本的に熨斗に記入してもらう名前は旧姓を使用し、2人の苗字の連名を記載したものを使用する場合がほとんどです。

仮に入籍を既にすませていて苗字が変わっていたとしても両家を代表して渡していますという意味をこめるためにも、両家の苗字の連名で熨斗をかくのが一般的と言われています。逆に片方の名前だけを書かないように注意が必要です。

引き出物宅配のことを詳しくしるなら。

ゲストに喜ばれる引き出物

最も人気がある引き出物は、やはりカタログギフトです。軽くてかさばらず、ゲストが自分の好きな品を選べるというのがカタログギフトの好まれる理由ですが、それに引き菓子をセットにするのが最も一般的です。

ゲストからいただくご祝儀の額に合わせて、カタログギフトの価格帯を変えてもいいでしょう。次に人気のあるのはブランド物の食器やカトラリーですが、あまりに重いものや、名前を入れたりするのは避けたほうが無難です。

最近では、高級タオルが選ばれることも増えてきました。桐箱に入って見栄えも良く、ゲストにとっても、自分ではわざわざ買わないけれどあると嬉しい品ということで、人気があります。

引き出物ってそもそもどんなもの?

由来は宴の席で「お土産としての馬を引き出して見せた」というものだといわれています。結婚式においては、最初はお土産の意味が強く、披露宴の料理の一部を持ち帰っていました。今では衛生面から料理ではなく記念品を贈ることが主流になりました。

引き出物は引菓子と合わせて送るものですが、地域によってマナーが異なります。紅白まんじゅうや縁起物の和菓子、赤飯などをしきたり品として用意する地域もあれば、「重くかさばる方が良い」という地域もあります。

ただし、どの地域においても引き出物と引菓子合わせて奇数にするのが通例です。

当サイト「楽しくお買い物!通販リファレンス」についてのお問い合わせはこちらへ。引き出物宅配やカタログギフト、オリジナルTシャツなどのTシャツ作成といったコンテンツも充実しています。ホームページ作成やECサイト構築、seo対策についても掲載中です。

MENU

ネット通販リファレンス

引き出物をネットショップで

オリジナルTシャツ作成

seo

ECサイト構築